コーヒー飲用の広がり

  • 2013.11.08 Friday
  • 11:15
コーヒーの栽培は、エチオピアから始まって、イエメンやインド、ジャワ(インドネシア)、カリブ海諸国や中米・南米へと広がっていきました。
ニカラグアのジャバニカ種はエチオピア産ロングベリー起源のジャバニカという品種で、ニカラグアのコーヒー研究所から届いて栽培されています。
生豆の形状もイルガチェフェだったり、ゲイシャだったりと似ていたり、香りもそれらを思わせる花のような香りがしたりしてとても気に入っています。特に、アメリカーノにして飲むのが私のお気に入りです。
ちょうど今日、MITTSさんにジャバニカとマンデリンを納入しましたが、とりあえず、ジャバニカは今日が最後の納品になりました。
Java(ジャワ)とNicaragua(ニカラグア)を足してJavanica、ジャバニカやマンデリンを飲みながら、コーヒーがどのように広まって行ったかを思い巡らせながら飲んでみるのもいいかもしれませんね。
JAVANICA

JUGEMテーマ:美味しいコーヒーを楽しむ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

楽天トラベル

楽天ブックス

楽天市場

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM