焙煎機ギーセン Giesen W6

  • 2013.12.21 Saturday
  • 12:23
ギーセンが来てから早一ヶ月が経ちました。
父ちゃんは、「何でもっと早く買わなかったんだろう???」って言っていますが、そりゃ、お金無いからに決まってんじゃん。にかっ

前の焙煎機は、国産の老舗メーカー、フジローヤル5kg釜で直火式でした。新しいものは、オランダ産のGiesen(ギーセン)6kg釜で半熱風式です。
5kgと6kgではあまり容量は変わらないように思われますが、豆珈房の焼き方では、以前の焙煎機は中煎りなら多くて4kgまで、深煎りなら3kgまでしか焼きませんでした。
新しい焙煎機は、7kg入れても大丈夫そうです(まだ5kgまでしか試していないのですが)。焙煎時間も以前より短くなり、焙煎と同時に冷却も出来るので、かなり時間が短縮されました。
でも、冷却槽の回転は結構ゆっくりで、焙煎時間は短いわで、のんびりしていたら、焙煎が終わってしまうので、慌てて掻き集めたりもしてました。
釜の回転速度が変えられるので、冷却の方も回転速度が変えられたらもっといいのに、な〜んて思ったり。

焙煎機のタイプを大きく分けると、直火式、半熱風式、熱風式と3種類あって、どれが良いとか悪いとかではなく、お店の規模やお店の目指したい味作りなんかで、選ぶものだと思うのですが、一度選ぶと直ぐには代えられないものでもあります。
豆珈房をオープンする時には、直火式が良いと思って選んだのですが、スペシャルティコーヒーというものに出会い、その特徴・美味しさを、もっともっと引き出して伝えるために、以前の焙煎機に限界を感じていました。

ギーセンにかえてから、明らかにコーヒーが明るくなったような気がします。
まだまだ、焙煎プロファイルもこれからですが、以前よりもっと自信を持って豆を販売できるようになりました。

これからは、もっとスペシャルティ色を出して、販売していきたいと思っています。
それに伴って、販売形式も変えていかないとなぁとあれこれ思案中。

giesen

JUGEMテーマ:美味しいコーヒーを楽しむ
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/08/21 2:41 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

楽天トラベル

楽天ブックス

楽天市場

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM